広島ブログ

絵雑巾

絵ぞうきんのミシン掛け 利用者の絵

絵ぞうきんづくり。まず、「タオルを3つに重ねて待ち針を打つ。 利用者が待ち針の打ったままのタオルのふちをミシンで縫う。縫いながら待ち針を外していく。 縁取りの澄んだタオルには色鉛筆で絵が描いてある。その絵に沿って曲線縫いをしていく。分業しなが…

地図つながり アブラゼミ

森の工房やの・生活介護オリーブとくるみの班の作業室通路の展示物から。 ①日本地図の都道府県別塗り絵。在宅支援の時の課題として描いた。 ②絵ぞうきんにミシン掛けした模様は日本の地図。 ③世界の地図の模様もある。 いずれもくるみ班の男性が制作。 夕方…

春の柄の絵ぞうきん 支援計画づくり ユキヤナギ

絵ぞうきんがいつも森の工房やの・生活介護オリーブ班の通路に展示してある。 絵柄がときどき変わっているので一枚一枚見ているとカープ坊やとスライリーはいつもあるが、写真のタケノコとツクシは新しい春バージョンになっている。新しい柄だ。 第2森の工房…

広島ブログ