広島ブログ

天然酵母パン

研修旅行のフォトブック パン 三迫のブルーベリー剪定開始

明日23日が祝日で24日は土曜日、25日の給料日は日曜日なので今日が給料日に繰り上がっている。この日に渡される安芸の郷通信に加えて、今月は11月25日に出かけた研修旅行の写真をまとめたフォトブックが入っている。 なつめ班でも、 けやき班でも帰るまで待…

ゴム紐取替 グラタンパン 椿の花と落花と

森の工房やの・生活介護くるみ班の作業室。 クリーニングされた作業服の繕いの一つが袖口のゴム紐の交換。治具を使ってゴムを通したら、 袖口に押し込んで送りながらゴム紐を通していく。 森の工房あやめのパン工房でグラタンパンが焼けた。右側はサンド用の…

サンシュの蕾開く ブルーベリーの剪定 パンの袋詰め

サンシュの固い蕾から少しだけ殻が開き中から黄色い花びらが見えてきた。今年は赤い実もまだついたままなので黄色と赤のコントラストが楽しめる。 森の工房AMAの屋上の晩生のブルーベリーの剪定が終了した。成長がいま一つだが、花芽をできるだけ残す方針で…

スイセン パン生地と野ぶどう ブルーベリーの穂木

雨に濡れてスイセンがしっとり咲いているが、 花の咲いてるてっぺんが重くて端っこの方はパタリと倒れている。それでも春の予感。 森の工房あやめのパン工房はあす焼くパン生地の仕込み。A3くらいの紙のサイズに伸ばしたパン生地の上に乾燥したレーズンをの…

シジュウガラ サンシュの実 パンとケーキ

2月14日(水) シジュウガラが来ていた。(森の工房AMAの庭のヤマザクラの木で) すぐ近くのサンシュの木の赤い実はまだたくさん残っている。シジュウガラにはちょっと大きすぎる。実の横から花芽が出ている。そろそろ蕾が割れて黄色い花が見えるころ。 午…

パンの道具と焼きあがったパン 

2月9日(金) 森の工房あやめのパン工房の外のデッキにおいてある棚にはパンに使う道具を外気に触れさせて乾かすことをいつも行っている。この日の棚にはカンパニューというタイプのパンを作るときに使うどんぶり型の籐製の籠が置かれていた。下からの眺めと…

パン→焼けたら運ぶ パンパスグラス ブルーベリーの花の蕾

昼休み頃。森の工房あやめのパン工房でリュスティックタイプのパンが焼きあがっている。 カットされた断面からイチジクがのぞいている。 午後2時。パン工房へパンを運搬する利用者2人が庭を通ってcafeさくらに運ぶ。気温が高くて春めいた午後。 パン工房の前…

天然酵母パン ブルーベリーソース セイヨウツバキ

森の工房あやめのパン工房。 平べったいパンがたくさん焼きあがった。このパンはcafeさくらで提供しているサンド用のパンで非売品。 山型食パンも焼けている。 就労継続支援B型あきの厨房ではブルーベリーを材料にジュレ用のソースを作っている。冷凍ブルー…

パン工房→チーズ入りのパン ブルーベリーの剪定は森の工房AMAで

森の工房あやめのパン工房。今日は紙屋町地下街シャレオにある「ふれ愛プラザ」にパンを納品する日。 ①午前中いつも一番早く焼くリュスティックタイプのパンをオーブンに入れる準備中。 オーブンに入れる時はささっと入れる。 ②午後2時前。珍しくチーズ(今…

紙すき 山型食パン

森の工房やの・生活介護くるみ班では紙すきではがきなどを作っている。作業場は「関係者以外は立ち入り禁止」の掲示がある。 午前中に漉いたはがきがカウンターに並べられている。 濡れた状態ではでこぼこしている。 紙すきの材料となるのは牛乳パックなどの…

昼休みはスマホを見る パンが焼けた マンリョウ

昼休み。スマホを見て過ごす利用者 ①第2森の工房AMAのデッキで(森の工房やの・生活介護の利用者) 森の工房AMAのデッキで(就労継続支援B型あきの利用者) パンが焼けた。膨らみすぎてちょっとcafeさくらにはだせそうにないが、これはこれでおいしそうな出…

書初め あんぱん デンドロビウムの蕾

森の工房やの・生活介護の午後からの自由活動は3班別々の活動となる。 ①もくれん班は書初め。書く前の打ち合わせをしている。 ②くるみ班は書く文字がきまったのでいざっ。 ③いざっ。こちらは「道」を書く。 森の工房あやめのパンが焼けた。 あんぱん。ゴマの…

天然酵母パンの焼き初め ローズマリーの花

森の工房あやめのパン工房は昨日発酵させた天然酵母パンが出来上がった。 今年最初にオーブンに入るパンは小口に切り分けられたリュスティック。 こんがりと焼けたパン。午後2時に仕上がりcafeさくらで販売される。 パン工房の前の庭のローズマリーが寒くて…

ブルーベリーの剪定 絵雑巾の糸切り あんぱん ヒャクニチソウ

森の工房AMAの屋上の北側のブルーベリー畑の剪定を続けている。ところどころでつる性のヘクソカズラが種をいっぱい付けてブルーベリーの枝に絡まっている。種がこぼれないように取り除く。 北側の剪定が終了。切った枝はとりあえず集めておく。枝の処分はま…

給食はチキンでちょっと早いクリスマスメニュー シュトーレンの包装

12月の給食献立表には「ちょっと早いクリスマス」と記載されている今日の給食のメニューのメインはチキンの揚げ物。 チキンにたてられた爪楊枝の旗は調理員手製のもの。 12時になりチキンの入ったトレーを持ち利用者がそれぞれテーブルに着く。 ご飯大盛の利…

グラタンパン リヤカーで運ぶ ウエスの不用品 マンリョウ

冬のパンではグラタンパンが製造される。(森の工房あやめのパン工房から) 午後2時になるとこのパンも一緒にcafeさくらに運ばれる。(就労継続支援B型さくらの利用者) 森の工房あやめの請負作業のウエスの畳み作業。点検で不良品を見つけるのも大切な作業…

シュトーレン クリスマスツリー

森の工房あやめのパン工房ではいつもの天然酵母パンは火曜日から金曜日の製造だが、今日はクリスマスにちなんだシュトーレンを製造している。先週の金曜日に生地を作り、3日間発酵器に入れて今朝取り出して成型をする。午後からオーブンに入れて焼く予定。 …

サクラの落ち葉 パンとキクラゲ→いつもよりたくさん

森の工房AMAの庭のサクラの落ち葉。 森の工房あやめのパン工房。 いつもより多いパンがずらりと棚に並べられている。 このパンは明日の昼前から坂町の町民センターロビーで販売される予定。広島県就労振興センターの市町キャンペーンの一環で開催されるので…

見学→広島市特別支援学校保護者の皆さん パンと干し柿

午前中広島市特別支援学校の保護者の皆さん6名が先生1名とともにお見えになった。森の工房AMAと第2森の工房AMAの建物内の利用者作業の様子を説明を受けながら見て回った。 ①第2森の工房AMAで森の工房やの・生活介護もくれん班のアルミ缶プレスの作業の見学。…

ヤクシソウ?満開 パン→グラタンとカレー ウエス作業

第2森の工房AMAの温室の前に黄色い野の花が満開でブルーベリーの鉢をぐるりと囲んで咲いている。(ヤクシソウかも?) 森の工房あやめのパン工房をガラス後に見るといつもとちょっと違うパンが焼けている。これはグラタンパン。今秋初のパン。 隣はカレーパ…

見学→しゃくなげファーム 出店用のパン製造中 ベゴニア

東広島市福富町にある就労継続支援B型しゃくなげファームの利用者、職員16名の皆さんが午前中見学にお見えになった。最初に森の工房AMAの作業を見学。特に就労継続支援B型の食品とパンの工房での作業の様子をよく見て頂いた。 第2森の工房AMAでは生活介護の…

天然酵母パンの出店先は船越、中野公民館まつり

11月2日(木) たくさんのパンを焼いた。 まん丸の形のピストーレ。パンの中には何も入っていないので半分に切ってやるといろいろな具材をはさんで食べる楽しみもある。 3日の今日は休日だがパンを焼く研修でと職員が出勤。機材の整理整頓をする利用者と 工…

草刈り 雷と雨と虹 フードフェスティバルで販売するパン

第2森の工房AMAの1階屋上のブルーベリー畑の草刈り。屋上は寒くも暑くもなく過ごしやすい季節。おもにチガヤがはびこっていて鋸鎌で刈ったり、手で力任せに抜いたりして刈った草はブルーベリーの木の周りに寄せていく作業を午前午後と行った。(就労継続支…

ハギの花満開 今日のパンの仕上がり具合

第2森の工房AMAの庭のハギの花が満開になった。 見た目うっそうとしているが、食堂から見ると秋らしい景色が体感できる。 今日焼かれた天然酵母パン。くるみアンパンや、 大きなカンパーニュが焼きあがっている。これらのパンは中区のシャレオの地下街にある…

ブルーベリーの鉢上げ ふっくら焼けたパン

森の工房やの・生活介護オリーブ班が今年3月にブルーベリーの挿し木をした苗床の鉢上げをボランティアグループ「ひだまりコスモス」の3人と協働。おおよそ150本ほど鉢上げができた。 一区切りついた後はアジサイなどの鉢の草取りを行う。 場所は第2森の工房…

明日は「あきのそらまつり」開催

明日14日は安芸の郷の行事「あきのそらまつり」が開催される。今日、森の工房AMAの食堂には森の工房みみずく・生活介護の皆さんが作成した横断幕仕立ての作品が展示された。 森の工房あやめの作る天然酵母パンも今日はたくさん焼かれた。ブルーベリージャム…

天然酵母パン→生地の成形 ブルーベリーの紅葉とミゾソバ

10月3日(火)森の工房あやめのパン工房で。 前日の2日にパン生地を仕込んで発酵に18時間かけて今朝からパンの種類ごとに生地を取り出して成形していく。写真の生地をめん棒を使ってガス抜きをしながら伸す作業は利用者に説明しながら職員が進めていく。 形…

ボランティアの活動、パン、クッション材を運ぶ、セミの抜け殻

食堂で作業していたフレンドベリーのボランティアのみなさんが、昼前、作業をいったん終えて食堂から森の工房みみずく・生活介護の作業室にクッション材を運ぶ。 午後2時ころのパン工房の窓から。クルミパンが見える。 午後3時前、森の工房みみずく・生活介…

パンが焼けた 秋の虫

昼からのパン工房。パンを焼いているオーブンが開いた。 パンを取り出してみる。 焼き具合をチェックする。 こんがり焼けている。棚に移して冷ます。午後1時半ころの森の工房あやめパン工房で。 パン工房前のローズマリーの枝にとまった秋の虫。ヤマクダマキ…

紙の折箱を使う 安芸の郷通信を見る パン→リュスティック

広告の紙で利用者が折った紙の箱は紙すきの原料となる牛乳パックを細かくちぎるときに利用される。 その日作業する適当な量入れる紙箱と、細かくちぎった紙片を入れる紙箱を前に作業する。 ちぎった紙箱の紙片は作業が終わると別の紙片を集める袋に入れられ…

広島ブログ